想いのままに


日々暮らしの中で気づいたこと等を綴ります。
by haru-suzukazenone
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ある公爵夫人の生涯

昨日は、予てより観たいと思っていた映画”ある公爵夫人の生涯”を
何時ものように妹と観た。
愛と葛藤の人生を歩んだダイアナ元妃の祖先ジョージアナ・スペンサーの事実に
元づいた物語である。

18世紀の絢爛豪華なシーンや素敵な衣装に惹かれたのは言うまでもない。
17歳で母親の言われるまま格式あるデヴォンシャー公爵夫人となった
ジョジアナ・スペンサーは愛らしい聡明な女性である。
一見、非情に見える夫の求めるものは、ただ男子出産・世継を産む義務のみである。
二人の女子には恵まれたが、男子には恵まれぬうちに、ジョジアナの親友エリザベスは
公爵の公認の愛人になり、夫婦&愛人と同じ館で後々まで奇妙な生活を終世続けることになる。
そののち男子出産したジョジアナは立派に妻としての義務を果たし、
「若すぎた結婚」「遅すぎた真実に愛」に気づき
クレア(のちに英国・首相)とのひと時の愛を確認するのである。

日本における男尊女卑の時代は長く、国こそ違うが根底に流れる女性蔑視的傾向を
感じ、一人の人間としての確立を成し遂げ得ることの難しさを痛感した。

時代背景や国が違えども根底に流れる人を愛する根源に共通点を垣間見る。

ラストシーンのナレーションでジョジアナの死後、遺言により愛人エリザベスは
公爵夫人として認められた。

私的見解で言うなら、夫の共有なんて信じられない。
寛大さ鷹揚うさ、かなり理解に苦しむ。なぜ?
公爵の元を離れて自らの人生の確立を計らなかったのか?
女は所詮弱いものである。受け皿なくては、その環境に甘んじて、
与えられた環境での自分らしい生き方を模索する以外に手立てはないのだろうか....

舞台は18世紀であった。現代を基準にして考えたところで致し方ない。

主演女優のキーラ・ナイトレイは華がある。衣装も素敵だった。
この非日常的一瞬のスクリーンに流れた物語”ある公爵夫人の生涯”翻訳もセンス良く心に響いた。
[PR]
by haru-suzukazenone | 2009-04-13 21:50 | 映画
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧